まろログ

最後はいつでも笑っていたい。人生を大いに楽しむためのブログ。

クロネコヤマトが超便利に!LINEで再配達申し込みに対応(1/19から)

f:id:marokun2010:20160116110428p:plain

 

クロネコヤマトが2016/1/19から新しくLINEと連携するサービスを開始するようですね!

 

今までも、クロネコメンバーズに登録していると、届く予定の荷物があると登録メールアドレス宛に到着予定や不在通知が届いていましたが、こちらは今後はLINEにもメッセージが到着するようになるそうです。

*1 

これからは、LINEで宅急便! 2016.1.19 START

 

今回追加されたLINEでできるやりとり

LINEでできるようになるサービスは以下の5種類

  1. 「お届け予定メッセージ」と「ご不在連絡通知」
  2. 荷物問い合わせ
  3. 集荷の依頼
  4. 再配達の依頼
  5. 料金・お届け日の検索

 2番〜5番までのサービスは1/19から配信が開始されるヤマト運輸のLINE公式アカウントの友達になる必要があります。

 

再配達の依頼とかってそのままLINEでメッセージ送ったら反映されるのかなー。いやきっとそうだよね、ヤマトのアプリに飛ばすみたいな感じだったら意味ないもんねw

 

背景にはLINE圧倒的な利用率

f:id:marokun2010:20160116104047p:plain

*2

 

実にヤマトらしい展開ですね。

これまでも積極的に、日本人のライフスタイルの変化に合わせてサービスを広げていて、常に僕らお客のために便利になるようにしてくれました。

LINEの利用率は日本の人口の約40%が利用しているとのことで、各世代で見ても若年層の利用率が極めて高いです。

ここにヤマトが食い込むのはもはや必然だったんでしょう。

若い人とかはLINEで連絡くるから便利なんだよね〜ってことでヤマトを選ぶのも不思議じゃないです。

 

今後はLINEの中で完結するサービスを目指すらしい

宅急便の送り状をLINEで作成できるようにして、その作成した送り状をそのまま印字できるようにすることなどを今後行っていくと発表し、LINEのユーザーが宅急便を送る、受け取るをLINEの中だけで完結できるサービスを提供する予定とのこと。

 

いやーどっちもすごいね!ヤマトもLINEも!

どんどん利用者との距離を縮めるこの戦略は、これからの企業にとって重要になってくるんだろうなぁ

 

設定自体も1/19になってからじゃないとできない

クロネコメンバーズのアカウントとLINEの連携は、ヤマトのLINE公式アカウント内で行えるようになるらしいので、1/19にヤマトのLINE公式アカウントがスタートするまでは設定が行えません。

f:id:marokun2010:20160116113439p:plain

そんなに急ぐものではないけど、この機会にクロネコメンバーズのアカウントがない人は、忘れないうちにクロネコメンバーズのアカウントだけでも作っておくといいかも。

 

f:id:marokun2010:20160112030754j:plain今日のまとめ

  • これからのビジネスでは、企業も利用者との距離をいかに縮めるかが重要
  • 1/19に到着する荷物ないか確認してみよw