まろログ

最後はいつでも笑っていたい。人生を大いに楽しむためのブログ。

有給をしっかり消化するために今さら聞けない4つ知識

f:id:marokun2010:20160117050710j:plain

1年に1回くらいは長期休暇とりたいですよね。

 

僕、冬が苦手です!寒いとグッと力が入るので肩こるんですよね。

自分で貼っておいてなんですが、写真のようなあったかいとこ行きたい〜!

有給使ってバカンスなんていいですね〜。お金ないですけど。

 

会社勤めでも休みをしっかりとってリフレッシュ!するために今更聞けない有給休暇制度の基本的な知識をご紹介!

お金ないですけど!

 

1.有給取得日は従業員が決められる。

有給を取得したい日は、従業員が決められます。

会社側は、希望のあった日は基本的に認めなければいけないです。

「基本的には」というのは、もしその日にその従業員が休むことによって業務に支障をきたす場合は変更してもらうよう「お願い」することができます。

 

でも、あくまでも「お願い」です。原則としては従業員の希望を尊重する必要がありますし、その人がいないとまずいから休み上げれないっていうのは、ほとんど認められないみたいです。

もちろん、その日は有給を取っちゃダメ!なんてありえないです。

 

 

2.有給の買い上げはダメ

有給を使わないで残っている分を会社で買い上げて、給料と合わせて支払うことは法律違反です。

残っている有給を1年の間で割り振って、給与に上乗せして支給するということもしtyダメです

 

 

3.お盆や正月に有給を当てちゃダメ

お盆や正月にある法定休日に有給を当てることはできないです。

有給とは「その日の行うべき労働を免除する日」という扱いになるので、法定休日にはそもそも休日なので行うべき労働が無いのです。

行うべき労働が無い日を免除することはできないので、法定休日にはちゃんとお休みを与えて、有給を当てるということをしてはダメなんです。

 

 

4.有給が残ってても退職した時点で消滅

退職した後に、あ!有給残ってたんじゃね?と思ってその分の補償を求めたりしても、消滅しているので、何言っても無駄です。

この点だけは、退職前にちゃんと全部消化できるように 事前に準備しましょう。

 

 

わかってます。わかってますから

でも、現実は有給休暇を取るのはなんだか気まずい…

勇気を持って取りたいです!って言っても、そもそも有給?なにそれ?みたいな空気の会社もありますよね。

 

僕は有給を取らせないなんて、頭おかしいんじゃね?って思っちゃいます。

それだけでブラックですって言ってるようなもんだし。

おめーは休んだってすることないだろうからいいけど、こっちは休みたいんじゃ!

ワーカホリックは勝手にやっててほしい。人それぞれってそーゆーことにも当てはまるんじゃないか?

 

 

おまけ

意外にもアメリカは有給制度自体がない!?

日本は労働基準法で有給休暇を付与することを、会社に義務付けています。

が、アメリカは法律で会社に義務を負わせていなくて、あくまでも雇用契約次第なんだそうです。有給がないってこともあるみたいです。

 

失職するのが怖くて取れないんだってさ

news.goo.ne.jp

夏はバカンス、秋は感謝祭、冬はクリスマスで、その間、長〜い休暇をとってリフレッシュしてるんだろうなぁ。みたいな感じで思ってましたけど、そのイメージはヨーロッパとかのイメージみたいです。フランスとかは長〜い休暇を取るようですね。

 

休暇を取ることがダイレクトに査定につながり、最悪クビもあり得るとか、気が気じゃないですよねー。この点は日本は良かった。

 

でも企業によっては日本では考えられないような待遇も

tabi-labo.com

記事内で紹介されているFull Contactっていうアプリ開発会社だと、有給取得日数無制限でかつ、$7500(90万円位)休暇で使用したお金は会社で持つからレシート出せよ!って言われるらしいです。

その分、成果には厳しいんでしょうけどね。

 

f:id:marokun2010:20160112030754j:plain今日のまとめ

有給休暇は労働者の正当な権利なので、しっかり取れるのがやっぱ理想ですよね。

  •